ギターストラップのカスタムメイド
今回のサンプルではスタッズワークによるドレスアップをご紹介いたします。

革製ストラップにスタッズワークを施してオリジナルなアイテムにできます♪

使用したのは市販品 ギブソン のレザーストラップ 黒顔料のモノです。





まず細い方[29?幅]、背中側になる部分に。
気が向いたら他にも追加していくかも?



サンプル兼、私物なので HIROMI になってます。もちろんスペース内でしたら、同様に好きなアルファベット 入れられます。





フラワー&リーフ モチーフ でサンドしてみました。
花のセンター部 仮で、ニッケル コニカル 使ってますが、次の仕入れで、ストーンに替える予定です。好みのカラーの在庫切らしてたので f^_^;

アルファベット 1文字 ?800 ×6
フラワー&リーフ 1箇所 ?3000 ×2
(センターはスワロフスキークリスタルストーンスタッズやターコイズでもOK)



自分のポジションでは、おとなしく弾いてる分には、立ち、座り どちらも問題なしですが、動いたときにギターのボディ にスタッズの裏側の爪(極力埋め込んではありますが)が干渉する恐れがあるので裏面に薄手の革を貼り合わせます。リペアやパーツ変更もし易い様に、今回は簡易的に両面テープです。
もちろん縫いしろさえあればステッチのご要望にもお応えできます♪

ギターストラップに関しては、本革製量産品で、そこそこのクオリティのモノが安価で買えますので、カスタムメイド お勧めです♪
もちろん 革から作る事も出来ます。
その場合のメリットは、サイズ調整が市販品はひろくとってある分、使わない穴が沢山空き、強度、耐久性が、落ちているのに対し、オーダーメイドでは必要最小限の穴あけですみます。複数のギターで使いまわさない限りはジョイント部 1、立ち用、座り用 で2 で、この形状のモノができます♪

ステージで、ストリートで、一目置かれるアイテム いかがですか♪
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL